注目キーワード
  1. ダイエット
  2. 自律神経
  3. 薬膳

本当に安全?なるべく農薬を身体に入れない方法

本当に安全?
なるべく農薬を身体に入れない方法

みなさん、こんにちは。食育アドバイザーで、プラントベース子育てをしている、櫻井麻友です。
今回は、環境問題や健康問題にまつわる、『農薬』についてお話していきたいと思います。

無農薬?オーガニック?

野菜や果物を買う際に『無農薬野菜』や『オーガニック野菜』や『有機野菜』などの表記、見たことがありますよね。
最近は、『農薬=身体によくない物』という認識が広く伝わってきているのではないでしょうか。
『残留農薬』と言うワードも、聞いたことがありますね。

しかし、実際に農薬がどうして身体によくないのか、どんな影響があるのか、など知らない方も多いと思いのではないでしょうか?

今回は、『農薬』について詳しく見ていこうと思います。

虫が付くほど美味しい野菜?

『農薬』とは、農作物を害虫や病気の原因を無くす為の、薬剤と書かれています。

・殺虫剤  有害な昆虫を防除する
・除草剤  雑草を防除する
・殺菌剤  有害菌類を防除する

昔から、『虫が食べるほど美味しい野菜だ』と言いますよね。
虫も付かない、虫も食べない野菜って不自然だと思いませんか。
さらに、虫が死んでしまう薬剤なのに、人が食べても平気ってなんだかおかしいですよね。

現代は、『売る』為に綺麗な状態でということが、大切かもしれません。しかし、実際に虫が喰っていてもなにも問題はないのです。
ずっと昔は、自分で育てた野菜を食べて、食べきれない分は近所の人にお裾分けして、そんなことが当たり前でしたよね。
見た目が綺麗かなんて必要なかったですし、もちろん虫は付きますが、『農薬』を使わずとも美味しい野菜は出来るのです。

実際に、無農薬のお野菜を作っている方もたくさんいますが、本当に美味しいお野菜ばかりですよ。
そして、もちろん家庭菜園でも、無農薬でお野菜を作ることも出来ます。

しかし、最近の農業では、以前と違い、とても広範囲にたくさんの作物を生産しているのです。
ですので、生産性を高める為に農薬を使っていることが現状です。

小型の飛行機などで、散布している農家もあるほどで、大量の農薬が使われています。
残留農薬として、口から入る以外にも、空気中にも散布し、影響を与えているそうです。

もちろん農薬は、人体に影響を及ぼすために、法律で量や種類は制限されていますが、本当に影響がないと言えるのでしょうか。

農薬=身体に悪い?

そして、1番気になることが、『身体への影響』ですよね。
特に、お子様、赤ちゃんがいる方、妊婦の方は、気になる方が多いのではないでしょうか。

日本は、残留農薬量がとても多いと話題になったり、農薬の使用率もトップレベルだそうです。
見た目を気にする、日本人ならではなのでしょうか。
お子様が大好きな『いちご』の農薬ワースト1位だそうですよ。

確かに、法律で身体に影響のないもの、とされています。
しかし、実際の研究などで、一部の農薬は、健康への影響があるとも言われているのです。

・神経系への影響
・発がん性のリスク
・免疫系への影響
・ホルモンの異常
・アルツハイマー病やパーキンソン病のリスク

特に、胎児や新生児、子供は脳や神経が発達途中で、農薬の影響を受けやすいと言われています。
また、妊娠の方も、子宮に農薬が溜まりやすく、胎児に影響しやすいので、注意が必要です。

実際に、色々な影響があるという報告も書かれています。

(参照
https://www.greenpeace.org/static/planet4-japan-stateless/2018/12/90dc8001-90dc8001-pesticides-health-jp.pdf)

農薬が使われる作物ですが、『野菜』だけではなく、私達の主食である『お米』や、お子様も大好きな『果物』もたくさんの農薬が使われています。

さらに、残留農薬以外に、『ポストハーベスト』と言って、鮮度を保つ為に、後から吹きかける農薬もあるのです。

これは、輸入の果物や食物に多く使われていて、鮮度を良くするために使うそうです。
そのまま吹きかけるのですから、より濃度が濃い農薬を、摂取してしまうということになります。

ポストハーベストは、深刻な問題になっているのです。
出来れば、国産のものを選ぶと、より安心ですね。さらに、食料自給率を上げることにも繋がります。

簡単ひと手間!

本来は、無農薬のお野菜を食べたいですよね。
そうすれば、皮まで余す事なく丸ごと食べる事も出来、環境にも身体にも良いはずです。これは、本来のあり方ですね。

しかし、無農薬やオーガニックの野菜は高かったり、あまり売っていなかったり。だからといって、家でそれだけの野菜を作ることも、難しいことが現状です。

そこで、なるべく農薬を身体に入れないポイントを紹介します。
まずは、先ほども話しましたが、主食のお米・果物・生で食べる野菜は、出来るだけ国産のものを購入しましょう。
もちろん、無農薬の物を買うことが出来れば、毎日食べるお米だけでも無農薬をおすすめしますね。

そして、スーパーで買った野菜ですが、なるべく農薬を取り除きたいですよね。

1.洗う
2.取り除く
3.加熱する

この3つが簡単なポイントです。詳しく見ていきましょう!

洗う

『洗う』は、色々な洗い方がありますが、流水で洗う場合は、しっかりと30秒よく洗いましょう。スポンジで擦ることも効果的です。
しかし、流水だけではもちろん取り切れないものです。
そんな場合は、このような方法があります。

○専用の洗剤を使う(天然の物をおすすめします)
○50度洗いをする
○重曹を使って洗う(ボウルに小さじ1の重曹を溶かす)
○お酢を入れて洗う(酢:水を1:3で薄める)

皮が剥けない食材や、生で食べる食材は、よりしっかり洗うことが大切です。

取り除く

『取り除く』とは、皮をなるべく剥くということです。
もちろん丸ごと食べるということや、皮にも栄養がたくさんありますので、本来は食べて欲しいものです。しかし、健康のためにしていることが、野菜や果物によって、逆に身体に良くないかもしれません。

無農薬でないものは、皮を剥くことをおすすめします。

火を通す

『火を通す』は、炒める・揚げる・ゆでるなど火を通すことで、残留農薬を減らすことが出来ます。
温度が高いほど、残留農薬が減ると言われているそうです。

また、下茹でするというのもおすすめですね。

みなさんも是非、今日から少しずつでも、意識して生活してみて下さい!

この記事を書いた人

櫻井麻友

元漢方アドバイザーのプラントベースの子育て
登録販売士、食育アドバイザー、マクロビオテックセラピスト
〜ママに子供に環境に優しい生活を〜
便利な世の中で、たくさんの情報がある中、本当に大切なことを伝え、『食』によって人がどれだけ変わるのか、世の中がどれだけ変わるのかということを、伝えていきたいと思っております。
そして、『健康』は人にとって生涯のテーマであると思うので、たくさんの知識や楽しさを伝えていけたら嬉しいです。
また、全てが結果的に、幸せな気持ちになる為、ではないかと考えております。
そんな『幸』という気持ちを提供できる人になりたいと思っております。

食良品店FOOD LAB

漢方メディアは株式会社kampo labが運営する、薬剤師や専門家による最新のセルフケア・漢方・薬膳情報サイトです。

同社が運営するFOOD LABは築地にあり、1階が無添加食品のセレクトショップ、2階は薬膳鍋(飲食店)と、食を健康的に楽しめるような店舗です。

漢方メディアでもご紹介する薬膳食材、オーガニック食品のほか、ヴィーガン、グルテンフリーなど多様化する食のスタイルに対応した、セルフケアに最適な商品などを多数取り扱っております。

築地までのご来店が難しい方にはオンラインショップもございますので、漢方メディアでの日々の体のケアと合わせてぜひご利用ください。

お得な情報やクーポン配布中!

LINE公式アカウントでは、漢方や薬膳、健康生活に関する情報のほか、食良品店FOOD LABで利用できるクーポンなどの特典チケットなども獲得できます。
以下のリンクよりぜひお友だち追加をお願いいたします。

LINE公式アカウント

>「漢方」をもっとよく知ろう!

「漢方」をもっとよく知ろう!

2000年以上前の古代中国で生まれた中医学。 それが日本に伝わり、
独自の発展を遂げた日本漢方、韓国においては韓方。
それぞれの国で伝統医学が存在しています。 歴史が長い分、
多くの理論や考え方が派生しています。

CTR IMG