注目キーワード
  1. 梅雨
  2. 食欲不振
  3. 湿

食品ロス!もったいないの心を

食品ロス!もったいないの心を

こんにちは。食育アドバイザー、プラントベース子育てをしている櫻井麻友です。
今回は、プラスチックゴミコンポストの記事に続く、『環境問題』について書きたいと思います。

食品ロスって?

『食品ロス』、最近ニュースなどでも話題になることが多いですよね。フードロスとも言われていますね。
SDGsの項目にも『12 つくる責任、つかう責任』とあり、『食品ロス』を減らそうと言われています。

しかし、『食品ロス』とは聞いたことはあるけど、詳しく分からないという方、いるのではないでしょうか。
簡単にいうと、食品ロスとは本来食べられるのに、捨てられてしまう食品のことです。

・事業系食品ロス
コンビニやスーパーマーケット、飲食店での売れ残りや食べ残しなど

・家庭系食品ロス
家庭での賞味期限切れや食べ残しなど

私の食品ロスの第一印象は『もったいない』です。
人が食べる為に、一生懸命に出来た食べ物が、食べられることなく捨てられてしまうなんて、とてももったいない、そして悲しいことですよね。これは、子供にもよく伝えるようにしています。

食品ロス、現状は深刻

日本の食品ロスは、年間で約612万トンと言われています。
どのくらいの量なのか、みなさん想像出来ますか?

この量は、東京ドーム5杯分になると言われているのですよ。
ひとりが1日に、お茶碗1杯分の食べ物を捨てていることになります。

はじめ聞いた時は、とても驚きました。
これよりも更に多い国もありますが、日本も世界からみてもとても多い数字です。

そんな『食品ロス』は
・事業での食品ロス 324万トン
・家庭での食品ロス 276万トン

みなさん、事業での食品ロスが圧倒的に多いと思いませんでしたか?
私もはじめはそう思っていました。

しかし、現状は、家庭での食品ロスが半分を占めているのです。
ですので、みなさんも日常で、出来ることがたくさんあるはずです。

食の不均一にも関係

皆さん、世界には、まだまだ十分に食べ物を、食べられない人がたくさんいるということ、ご存知でしょうか。
私達は、まだ食べられる食品を捨てているのに、他の国では、食べ物を食べられずに、栄養不足でたくさんの子供が亡くなっているのが現状なのです。

考えるだけで、心が痛みますよね。

こちらも、SDGsの目標であり『餓死をゼロに』という項目があります。

世界では、年間で約920万人の子どもが栄養不良で亡くなっています。日本が廃棄している食料の1割で、その子どもたちの命が救えるのです。

どうしてこのような、食の不均一が起きてしまうのか、たくさん書きたいことはありますが、長くなってしまうので、ひとつ言えることは、ひとりひとりが食品ロスを少なくすることで、助かる命が増えるということです。

環境にも影響

もちろん地球環境にも影響しています。

食品を作る過程では、たくさんのエネルギーを使います。
エネルギーを使うと言うことは、やはりCO2がたくさん排出されます。もちろん、地球温暖化の原因になりますね。

以前、プラスチックごみの記事にも書きましたが、ゴミを焼却する際にも、CO2は排出されるのです。

もったいない精神を

食品ロスは、とても深刻な現状で、わたし達で一体何が出来るのだろう?と思いますよね。

それは、みなさんが思っているより、とても簡単なことなのです。
まずは、知ること、そして『すべてのものを大切にする』ということを、是非心に留めておいてほしいと思います。

そして、大切にするということは、日常で食品の『ムダをなくす』ということですね。

買いすぎない作りすぎない

買い物では、使うもの必要なものだけを買いましょう。
料理を作る際も、食べ切れる量を心がけましょう。

賞味期限の近いものから

家でももちろん、傷んできた物から、賞味期限が近いものから使いましょう。
スーパーやコンビニでも、すぐ使うものはなるべく、賞味期限を近いものを買うことを心がけましょう。

飲食店では食べ切れる量

美味しそうなものはたくさんありますが、頼みすぎには注意しましょう。
私は子供が残しものは、全て食べます。ですので、いつも自分の頼む物は調節して頼みます。

家庭菜園

お庭で簡単なお野菜を育てて、食べることもおすすめです。これも食品ロスに繋がると思います。
さらに自分で作ったものは、特にもったいないですよね。

コンポスト

どうしても出てしまう野菜の皮などの生ゴミも、食べ物です。
コンポストで堆肥にすれば、そんな生ゴミも減らすことが出来ます。

たくさん書きましたが、どれも少し意識すれば、出来そうなことばかりですね。

そして、これは子供にも伝えるべきことで、未来を担う子供達にとって、当たり前の事になってくれたと思います。
これも、大切な『食育』のひとつですね。

まずは、誰もが昔から言われてきた『食べ物を大切にする』ということ、みなさんで日本人の『もったいない精神』を発揮しましょう。
ひとりひとりが、『もったいない』と思って過ごすと、捨てられるものは少なくなり、未来は変わるはずです。

是非今日から、食品ロスを減らす、『もったいない生活』を始めましょう!

環境問題関連記事

今どきはプラフリー!便利なエコラップ!? こんにちは。食育アドバイザーで、プラントベース子育てをしている、櫻井麻友です。 今回は、みなさんの身近に関する、環境のお話をしたいと思います。 プラフリーって? 『プラフリー[…]

環境問題関連記事

お手軽コンポストで循環生活 こんにちは。食育アドバイザーで、プラントベース子育てをしている、櫻井麻友です。 今回は、みなさんの身近に関する、環境のお話をしたいと思います。 コンポストって? 『コンポスト』聞いたことがあります[…]

この記事を書いた人

櫻井麻友

元漢方アドバイザーのプラントベースの子育て
登録販売士、食育アドバイザー、マクロビオテックセラピスト
〜ママに子供に環境に優しい生活を〜
便利な世の中で、たくさんの情報がある中、本当に大切なことを伝え、『食』によって人がどれだけ変わるのか、世の中がどれだけ変わるのかということを、伝えていきたいと思っております。
そして、『健康』は人にとって生涯のテーマであると思うので、たくさんの知識や楽しさを伝えていけたら嬉しいです。
また、全てが結果的に、幸せな気持ちになる為、ではないかと考えております。
そんな『幸』という気持ちを提供できる人になりたいと思っております。

食良品店FOOD LAB

漢方メディアは株式会社kampo labが運営する、薬剤師や専門家による最新のセルフケア・漢方・薬膳情報サイトです。

同社が運営するFOOD LABは築地にあり、1階が無添加食品のセレクトショップ、2階は薬膳鍋(飲食店)と、食を健康的に楽しめるような店舗です。

漢方メディアでもご紹介する薬膳食材、オーガニック食品のほか、ヴィーガン、グルテンフリーなど多様化する食のスタイルに対応した、セルフケアに最適な商品などを多数取り扱っております。

築地までのご来店が難しい方にはオンラインショップもございますので、漢方メディアでの日々の体のケアと合わせてぜひご利用ください。

お得な情報やクーポン配布中!

LINE公式アカウントでは、漢方や薬膳、健康生活に関する情報のほか、食良品店FOOD LABで利用できるクーポンなどの特典チケットなども獲得できます。
以下のリンクよりぜひお友だち追加をお願いいたします。

LINE公式アカウント

>「漢方」をもっとよく知ろう!

「漢方」をもっとよく知ろう!

2000年以上前の古代中国で生まれた中医学。 それが日本に伝わり、
独自の発展を遂げた日本漢方、韓国においては韓方。
それぞれの国で伝統医学が存在しています。 歴史が長い分、
多くの理論や考え方が派生しています。

CTR IMG