注目キーワード
  1. 梅雨
  2. 食欲不振
  3. 湿

早めの日焼け対策が肝心!薬剤師がケアポイントを解説!

早めの日焼け対策が肝心!薬剤師がケアポイントを解説!
 

化粧品会社で薬事業務を担当する、薬剤師のあやかです。

皆さんは普段どんな紫外線対策をされていますか?
日焼け止めを塗るのは夏の暑いときだけ、メイクの時に1回塗るだけ、あるいはアウトドアやスポーツのときだけ、などという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

実は1年中、雨の日でも降り注いでいる紫外線。

今回は年々強くなっていると言われている紫外線から、お肌を守るために、気を付けたいポイント正しいセルフケアの方法をご紹介いたします。

紫外線とは

紫外線とは

太陽からの日射のうち、可視光線よりも波長の短いものを紫外線と言います。紫外線(UV)の中でも、波長が長いほうからA・B・C と大別され、気象庁によると下記の特徴があります。

UV-A( 315-400 nm)

大気による吸収をあまり受けずに地表に到達します。生物に与える影響はUV-Bと比較すると小さいと言われています。

UV-B (280-315 nm)

成層圏オゾンにより大部分が吸収され、残りが地表に到達します。生物に大きな影響を与えると言われています。

UV-C (100-280 nm)

成層圏及びそれよりも上空のオゾンと酸素分子によって全て吸収され、地表には到達しません。

紫外線が肌に与える影響

紫外線を浴びると、肌は自分を守るために、指令をメラノサイトというメラニン色素産生細胞へ出し、そこからしみやソバカスの原因となるメラニン色素を産生します。

 

UV-Aは、生体に対する影響は小さいものの、太陽から地表に届く紫外線の多くを占めるため、じわじわと肌にダメージを与えています。UV-Aは日やけによるしみやソバカスの原因となるメラニン色素をさらに黒くし、蓄積させたり、長年浴びることによって真皮の細胞にダメージを与え、ハリや弾力が減ってしまう“光老化”の原因となったりします。

 

UV-Bは、UV-Aよい波長が短いため、より肌表面の奥に入ってしまい、肌や生体に対する影響が大きいと言われています。日やけをした後すぐに赤みやヒリつきの原因となる”サンバーン”という炎症反応や、メラノサイトを活性化して、日やけ数日後に肌が黒くなる”サンタン”という色素沈着をもたらします。近年のオゾン層の減少により、UV-Bが地表に届く量は年々増えてきてしまっています。

紫外線っていつが強いの?

1日のうちでは

日中で紫外線量が最も多くなるのは、10時~14時の間と言われています。

こちらは気象庁が発表している東京での晴天時UVインデックスを、1997年から2008年までの期間について平均した時間別のデータグラフです。

(*UVインデックスとは:紫外線が人体に及ぼす影響度をわかりやすく示すために紅斑紫外線量を指標化したもの。世界保健機関(WHO)や環境省からUVインデックスが3以上の場合はできるだけ日差しを避けることが推奨されています。)

4月においても8月においても、大体10時頃から14時にかけては紫外線量が多いことがわかりますね。

また、12時台では春の4月でもすでに真夏の8月と比較して、約73%もの紫外線量が降り注いでいることがわかります。

 

曇り・雨の日は

さらに、晴れている日だけでなく、雨の日では約20%、曇りの日では約60~70%の紫外線が降り注いでいるんです。

こちらは、時別UVインデックス(観測値)の毎日の推移グラフで、午前中に雨が降り、昼過ぎから曇りとなった2021年7月3日と、晴れていた2021年7月18日のグラフです。

(観測地点が札幌、つくば、那覇でしたので、今回は一番東京に近い“つくば”で見てみました。)

2021年7月3日の10時ごろは雨が降っていたのにも関わらず、晴れていた2021年7月18日の10時台と比較しても約38%の紫外線量で、

曇りであった13時台で比較すると約82%の紫外線量であったことがわかります。

こうしてみると、雨の日でも油断できないと痛感しますよね。

そのため、晴れている日中に外出する際はもちろんのこと、雨の日や曇りの日、また、自宅で過ごす際にも、窓などから降り注がれる紫外線や、反射して入ってくる紫外線にも注意しなくてはいけないんです。

 

年間では

また、1年を通して紫外線量が多くなるのは、4月~9月と言われています。

こちらは気象庁が発表している最大UVインデックス*を月別に平均した2020年と2021年における東京でのデータを示したグラフです。

真夏だけでなく、雨や曇りが多い梅雨の時期にも紫外線量が多くなっていることがわかりますね。お肌のことを考えると、3月あたりの春先から秋までは、油断せずにしっかりとUVケアをしてあげることをおすすめします!

(気象庁のデータベースでお住まいの地域における紫外線量が見ることができるので、気になる方はぜひ地点を変えてチェックしてみてくださいね。)

気象庁|紫外線のデータ集 (jma.go.jp)

紫外線対策

紫外線対策としてやはり大事になってくるのは、日やけ止めを正しく塗ってあげることです。

日やけ止め化粧品のルール

SPF

SPFはSun Protection Factorの略で、主にUV-Bを防ぐ効果を示した数値です。日やけ後に赤くなってしまう”サンバーン”という炎症反応を引き起こす時間を、どのくらい遅らせるかの指標です。SPF30の場合は、サンバーンが起きる時間を30倍にのばす、SPF50の場合は50倍にのばすということになります。

つまり、太陽の日を浴びて15分で赤みやヒリつきが起こる人は、SPF30の日やけ止めを使うと450分=7.5時間、SPF50の日やけ止めを使うと750分=12.5時間という約半日に理論上ではのばすことができる、という指標です。

PA

PAはProtection grade of UVAの略で、UV-Aの防止効果を示しています。日やけ後に肌が黒くなる“サンタン”に対して、PA+(効果がある)、 PA++(かなり効果がある)、PA+++(非常に効果がある)、PA++++(極めて高い効果がある)という意味で、+が多いほどUVAの防止効果は高いです。

気を付けたいポイントと正しいセルフケア

使用量は正しいか

日やけ止めを塗ってはいるものの、使用量が適量でない場合は期待した効果を発揮していないことがあります。ミルクやクリームタイプのものは、顔ですと一円玉大くらいを手のひらに取り、まんべんなく伸ばしてください。1分程度しっかりと上下左右になじませることが大切です。

塗り直しはしているか

朝や出かける前に1度塗っただけでは防ぎきれない紫外線。2~3時間に1度は塗り直してあげましょう。スプレータイプの場合は1時間に1度かけなおしたいところです。特に真夏は汗で落ちてしまったり、気付かずに肌に触れていることで日やけ止めが落ちてしまう可能性も多いので、こまめに塗り直すことをこころがけましょう。

適切な数値を選べているか

“SPFやPAの値が高ければ効果が高く肌にいい”というわけではありません。必要以上の数値のものを用いていると肌の負担となっている可能性があります。

散歩や買い物などの日常生活ではSPF10~20・PA+程度、屋外でのレジャーではSPF30・PA++~+++程度、炎天下でのレジャーやリゾートではSPF40~50・PA+++~++++程度が適切だと、日本化粧品工業連合会がおすすめしています。

少しの外出なのか、レジャーで使用するのか、時と場合によって適切なSPFやPAのものを使い分けてあげましょう。

日やけ止め以外でも

また、日やけ止めだけでは防ぎきれない紫外線。長期的なダメージを防ぐためにも、日傘や洋服、帽子、サングラスなどで皮膚や目を守ってあげることも大切です。大人だけでなく、小さなお子さまもケアしてあげることも重要になってきます。

紫外線がどんどん強くなるこれからの季節、正しい知識とセルフケアで紫外線からお肌を守ってあげましょう◎

 

この記事を書いた人

野﨑 綾香

薬剤師・コスメコンシェルジュ
慶應義塾大学薬学部卒業後、製薬メーカーへ入社。 自身の肌の弱さの悩み・経験を活かして、肌悩みを持つ人をサポートしたい思いから、化粧品業界へ。主に薬事業務を担当し、コスメ・スキンケアまとめサイトにて薬事校正や医療監修を行っている。 メディカルハーブ、ハーブ・スパイス検定を取得し、今後は漢方も包括したフィトテラピーを本場フランスにて勉強し、多くの人のセルフケアをサポートしていきたい。

食良品店FOOD LAB

漢方メディアは株式会社kampo labが運営する、薬剤師や専門家による最新のセルフケア・漢方・薬膳情報サイトです。

同社が運営するFOOD LABは築地にあり、1階が無添加食品のセレクトショップ、2階は薬膳鍋(飲食店)と、食を健康的に楽しめるような店舗です。

漢方メディアでもご紹介する薬膳食材、オーガニック食品のほか、ヴィーガン、グルテンフリーなど多様化する食のスタイルに対応した、セルフケアに最適な商品などを多数取り扱っております。

築地までのご来店が難しい方にはオンラインショップもございますので、漢方メディアでの日々の体のケアと合わせてぜひご利用ください。

お得な情報やクーポン配布中!

LINE公式アカウントでは、漢方や薬膳、健康生活に関する情報のほか、食良品店FOOD LABで利用できるクーポンなどの特典チケットなども獲得できます。
以下のリンクよりぜひお友だち追加をお願いいたします。

LINE公式アカウント

>「漢方」をもっとよく知ろう!

「漢方」をもっとよく知ろう!

2000年以上前の古代中国で生まれた中医学。 それが日本に伝わり、
独自の発展を遂げた日本漢方、韓国においては韓方。
それぞれの国で伝統医学が存在しています。 歴史が長い分、
多くの理論や考え方が派生しています。

CTR IMG