注目キーワード
  1. ダイエット
  2. 自律神経
  3. 薬膳

グルテンフリーがもたらす身体に良いこと

グルテンフリーがもたらす
身体に良いこと

グルテンフリーとは

『グルテンフリー』最近よく耳にしますね。
知っている方が多いと思いますが、その名の通りグルテンを含む食品を、摂らないことです。

グルテンとは、小麦粉に含まれるたんぱく質と、水が結びついて出来る物質です。
グルテンを含む食材とは以下のような物です。

◯食パン
◯パスタやマカロニ
◯ラーメン
◯お好み焼きやたこ焼き
◯ケーキや焼き菓子
◯うどんやそうめんなど

いわゆる『小麦粉』を主原料にしているものです。

普段食べているものばかりで、グルテンフリーなんて、とても難しい!と言う声が聞こえてきそうですね。私の周りでも、そのようなことをよく耳にします。
確かに、今の日本では朝ごはんは決まって『パン』という方。パスタやピザが大好きで、よく食べるという方。甘いものは、絶対にやめらないという方、とても多いと思います。

食の欧米化によるもの?

しかし、よく考えてみますと、これはすべて『食の欧米化』によるものです。
そもそもこのような食品は、元々日本人は食べていなかったものです。元々このような食事は、合わないとも言えますね。うどんやそうめんは、室町時代に誕生し、庶民が食べれるようになったのは江戸以降と言われています。これも中国から渡ってきたものですね。
昔からある小麦粉の料理は、これぐらいなものです。ですので、取り過ぎなければ、もちろん身体の害にはならないと思います。

そして、食の欧米化が進んだのが、第二次世界大戦後ですね。1番は、学校給食が印象的です。アメリカからの援助で、パンに牛乳の給食がはじまり、米中心の習慣は大きく変わりました。

そして、確かに栄養素が摂れるようになり、寿命はとても伸びましたが、それ以上に新たな病気も増えたと言えます。

やはり、日本人は千数百年も前から、お米を食べる和食の食事をしてきたのに、戦後のわずか40年ほどで、一変して欧米化してしまったのです。
とても急激な変化ですし、やはり日本人は必ずお米を食べるべきだとも言われています。

グルテンフリーとは、少し話が違う?と思うかもしれませんが、元々私達はグルテンフリーな生活をしていたということです。

グルテンの身体への影響

そこで、グルテンフリーですが、やはり今までの背景を考えても効果的だと思います。

まず、日本人には日本人に合った食べ物があるということ。昔から食べられている『穀菜食』が1番であると思います。
食べない方がよいというより、現代は食べすぎ、摂りすぎだと、私は思います。

食べ過ぎるとこのような不調も出てきてしまいます。

◯腸内環境を崩しやすい(粘りがあり消化されにくい)
◯血糖値が上がりやすい
◯食欲増進や依存性が強い
◯身体が冷える(マクロビでは)
◯免疫低下
◯肌荒れ
◯アレルギーが出やすい
◯ぼーっとする
◯生理が乱れやすいなど

やはり1番は腸内環境ではないかなと思います。

グルテンを含む食事を想像すると分かると思いますが、とても粘りがあることが特徴です。パンやピザ生地もこねている際、粘りがありますよね。

そのネバーっといている成分がグルテンであり、その粘りが身体にまとわりつくことも、なんとなくイメージ出来ると思います。
そして、腸内環境が悪くなってしまうのです。

腸内環境が悪くなると、免疫は下がりますし、それによってアレルギーも出やすくなります。更に、肌荒れも起こりやすくなりますね。
消化もされにくいと、身体にエネルギーも行き渡らず、ぼーっとしやすかったり、眠くなりやすいですよね。

さらに、腸内環境が悪いと、健康できれいな血液が出来ず、生理などにも影響をもたらす可能性もありますね。生理だけでなく、血液は全身に巡っているので、とても重要なのです。

これに加えて、グルテンを含む食事を食べている人の多くは、添加物や乳製品などがたっぷり入ったパンを食べていたり、外食のしつこい食事を頻繁に食べている人が多いのでは?と思います。
小麦だけでなく、様々なところで腸内環境は崩れてしまいますので、基本はお米を食べることをおすすめします。

我が家でも、基本は『穀菜食』ですが、パンも好んで食べますし、うどんやそうめんも大好きです。
しかし、お惣菜パンや菓子パンはほとんど食べません。パン屋さんの食パン、ドイツパンやフランスパン。または、お取り寄せをして、なるべく身体に良いパンを食べています。自宅でパンを焼くこともあります。

グルテンフリーでいいこといっぱい

グルテンを減らすことで、どんな変化があるのか気になりますよね。

以上の内容で、だいたい予測はつく人が多いですよね。

◯便秘や軟便の改善
◯生理痛の改善
◯アレルギー症状の改善
◯美肌効果
◯免疫アップ効果
◯ダイエット効果など

このようにたくさんのメリットもあります。
近頃はグルテンフリーが流行っていて、スーパーに行けば、グルテンフリーのパンやパスタなど、たくさん見かけます。もちろんそのような物も、いいと思いますし、実際に我が家でも玄米パスタを使用しています。

しかし、グルテンフリー!といって、米粉のパンばかり食べたり、グルテンフリーのパスタばかり食べているのは、少し違うかなとも思います。

やはり、まずは、基本的に毎日、生きているお米をしっかりと食べることがとても重要ですね。

その上で、たまにグルテンフリーの食材を使ったら尚更良いと思いますし、たまには外食や普通のパンを食べても良いと思います。

グルテンを完全に除去しなくても、出来るだけ減らして不調にならない身体を作りましょう!

食良品店FOOD LAB

漢方メディアは株式会社kampo labが運営する、薬剤師や専門家による最新のセルフケア・漢方・薬膳情報サイトです。

同社が運営するFOOD LABは築地にあり、1階が無添加食品のセレクトショップ、2階は薬膳鍋(飲食店)と、食を健康的に楽しめるような店舗です。

漢方メディアでもご紹介する薬膳食材、オーガニック食品のほか、ヴィーガン、グルテンフリーなど多様化する食のスタイルに対応した、セルフケアに最適な商品などを多数取り扱っております。

築地までのご来店が難しい方にはオンラインショップもございますので、漢方メディアでの日々の体のケアと合わせてぜひご利用ください。

お得な情報やクーポン配布中!

LINE公式アカウントでは、漢方や薬膳、健康生活に関する情報のほか、食良品店FOOD LABで利用できるクーポンなどの特典チケットなども獲得できます。
以下のリンクよりぜひお友だち追加をお願いいたします。

LINE公式アカウント

>「漢方」をもっとよく知ろう!

「漢方」をもっとよく知ろう!

2000年以上前の古代中国で生まれた中医学。 それが日本に伝わり、
独自の発展を遂げた日本漢方、韓国においては韓方。
それぞれの国で伝統医学が存在しています。 歴史が長い分、
多くの理論や考え方が派生しています。

CTR IMG