注目キーワード
  1. 梅雨
  2. 食欲不振
  3. 湿

生理のお悩みにも!簡単!きんぴらみょうが

生理のお悩みにも!簡単!きんぴらみょうが
みなさん、こんにちは。食育アドバイザーで、プラントベース子育てをしている、櫻井麻友です。
今回は、女性にとても多い、あのお悩みにおすすめの簡単レシピを紹介します。

月1回の生理をハッピーに!

女性のお悩みでとても多いのが、『生理』に関するお悩みなのです。女性は、月1回のことですから、辛い生理痛やPMS症状など、ないに越したことはないですよね。また、月1回の生理のお悩みがなくなるだけで、生活ががらりと変わる方も多いと思いますよ。生理のお悩みは身体のサインでもあります。生理痛は普通!PMSは仕方ない!とは思わずに、是非根本から見直しましょうね。

そこで、今回は月経症状にもおすすめのレシピを紹介します。使う食材は、『みょうが』です。
みょうがは、6月から10月が旬ですので、ちょうど今の季節が美味しい季節ですね。なんと、みょうがは日本でしか採れない植物なのですよ。

五味 辛
五性 温
帰経 肺・腎
みょうがは薬膳で、気血の巡りを良くする食材です。身体を温め血流を良くし、月経痛や月経不順に良いと言われています。また、風邪予防にも効果的です。
もちろん栄養素も豊富です。
◯α-ピネン(香り成分)
◯ビタミンB1
◯ビタミンC
◯ビタミンE
◯マグネシウム
◯カリウム
◯鉄分
◯アントシアニンなど

みょうがというと、独特の爽やかな香りが特徴ですね。その香りの元となるのがα−ピネンという成分です。α-ピネンは、リラックス効果があり、ストレスの緩和や睡眠の質、また月経前症状(PMS)にも効果的です。また、血流を良くする働きもあるので、血流を良くすることで、生理痛の緩和に繋がりますね。

さらに、胃酸の分泌を促進するので、消化を良くし食欲不振の際にもおすすめです。
その他にも、抗酸化作用の強いアントシアニンやビタミンCなども含まれるので、免疫力アップやアンチエイジング効果、生活習慣病予防にもおすすめです。

みょうがのきんぴら

みょうがというと、薬味などの脇役なイメージですよね。なかなかたくさん食べる!ということはないかもしれません。今回は、脇役になりがちのみょうがを、たくさん食べられるメイン料理にしました。癖になる味で、ついつい箸が進んでしまいますよ。みょうが6個はペロリとなくなってしまいます!

使う食材は、シンプルにみょうがだけですので、とても簡単で時短で作ることが出来ます。

そして、きんぴらと言えば、ごまですね。白ごまは薬膳で、血を補う食材です。生理に大切な血を補い、また五臓を潤すので、身体全体の調子も整えてくれますよ。

五味 甘
五性 平
帰経 脾・肺

レシピ

材料

みょうが 6個
白ごま 適量
ごま油 適量

☆調味料
酒 小さじ1
みりん 小さじ1
醤油 小さじ1
アガベシロップ 小さじ1

作り方

1.みょうがは千切りにして、ごま油で炒める。
2.しんなりしてきたら、☆の調味料を入れてまた炒める。
3.火を止めて、白ごまをお好みの量を入れ混ぜれば、完成!

まとめ

いかがでしたでしょうか?とても簡単で、みょうがだけあればすぐにでも作れそうですね!薬味で食べるみょうがとはまた一味違い、ご飯にとても良く合いますよ。みょうががたくさん出ている時には、作り置きしておいても良いですね。
生理痛やPMSなどは、本来ないことが普通ですから、是非身体を整えて、月1回の生理期間をハッピーに過ごしたいですね。もちろん症状がひどい際は、まずは漢方薬もおすすめします。その上で生活、食事など養生していくと、身体の根本が整いますよ。月経症状を改善したい人も、もちろんそうでない方も、是非、みょうがきんぴらのレシピをお試しください!

食良品店FOOD LAB

漢方メディアは株式会社kampo labが運営する、薬剤師や専門家による最新のセルフケア・漢方・薬膳情報サイトです。

同社が運営するFOOD LABは築地にあり、1階が無添加食品のセレクトショップ、2階は薬膳鍋(飲食店)と、食を健康的に楽しめるような店舗です。

漢方メディアでもご紹介する薬膳食材、オーガニック食品のほか、ヴィーガン、グルテンフリーなど多様化する食のスタイルに対応した、セルフケアに最適な商品などを多数取り扱っております。

築地までのご来店が難しい方にはオンラインショップもございますので、漢方メディアでの日々の体のケアと合わせてぜひご利用ください。

お得な情報やクーポン配布中!

LINE公式アカウントでは、漢方や薬膳、健康生活に関する情報のほか、食良品店FOOD LABで利用できるクーポンなどの特典チケットなども獲得できます。
以下のリンクよりぜひお友だち追加をお願いいたします。

LINE公式アカウント

>「漢方」をもっとよく知ろう!

「漢方」をもっとよく知ろう!

2000年以上前の古代中国で生まれた中医学。 それが日本に伝わり、
独自の発展を遂げた日本漢方、韓国においては韓方。
それぞれの国で伝統医学が存在しています。 歴史が長い分、
多くの理論や考え方が派生しています。

CTR IMG