注目キーワード
  1. ダイエット
  2. 自律神経
  3. 薬膳

腎活・陰活をして更年期を快適に過ごそう!

腎活・陰活をして更年期を快適に過ごそう!!
ステラデンタルクリニック(広島県)の薬剤師・国際中医臨床薬膳師・分子栄養学アドバイザーの豊田暖佳です。
更年期という言葉を聞くとしんどそう、イライラしやすい、汗が止まらなくなりそうなど、マイナスのイメージを持つ方が多いと思います。しかし、更年期とは、幼児期、思春期のように人生の間のある期間であって、女性に必ず訪れる期間です。この期間に不調が出てしまうと更年期障害と言われるようになりますが、この期間を快適に過ごすことができれば、決してマイナスなイメージを持つことなく快適に更年期を過ごすことができます。更年期を快適に過ごすために、35歳ごろから更年期に入る準備をして過ごせると良いですね。

更年期とは?

更年期とは、閉経する前後5年の合計10年間を指します。閉経する年齢は、個人差がありますので、更年期の期間も個人差があります。だいたい40歳から55歳の女性が多いです。

更年期障害になる原因は?

更年期障害になる主な原因は、女性ホルモン(エストロゲン)の減少です。エストロゲンの分泌量は、女性の一生の中で大きく変化します。思春期に入り初潮を迎えると、エストロゲンの分泌が増え、妊娠・出産の適齢期とされる20~30代にピークを迎えます。そして、40代半ばから50代半ばにかけて急激に減少し、60代以降はほとんど分泌されなくなります。このエストロゲンが急激に減少する時期が更年期です。しかも、ただ減少するのではなく、増えたり、減ったりしながら、最終的に分泌されなくなります。このエストロゲンの変化についていけなくなると様々な不調が出てきます。

・生理周期が乱れてきた
・生理の出血量が減ってきたor増えてきた
・1回の生理期間が短くなった
これらのサインは30代後半から出てくる方もいらっしゃいます。これらのサインが出てきたら、更年期に入る準備を始めましょう。本格的にエストロゲンが減少し始めると下記のイラストのようなサインが出始めます。

更年期障害の症状

更年期障害の症状は、脳から卵巣への指令がスムーズにいかなくなることが原因になります。エストロゲンは、卵巣から分泌されますが、更年期の年齢になり、卵巣の機能が衰えていくと、脳が卵巣へエストロゲンの分泌を促しても分泌されないので、脳はもっと刺激をして卵巣からエストロゲンを出させようとします。それでも上手くいかないので、脳がパニックを起こしてしまい、自律神経が乱れていきます。この自律神経の乱れが更年期障害と言われているほてりや動悸、不安などの症状に繋がっています。
 

更年期対策

陰陽のバランスを整える

自律神経の乱れが更年期障害を悪化させてしまうので、交感神経(陽)と副交感神経(陰)のバランスが整った生活をするのが大切です。陽が最も高まる時間が午前6時から正午、陰が最も高まる時間が午後6時から0時です。陽の時間帯には陽の活動を、陰の時間帯には陰の活動をするように心がけましょう。忙しい方ほど、陰の活動を少しずつしてみてください。

・季節に合わせて起床時間の調節(太陽が昇る時間で変動)
・朝日を浴びる(花の水やり、ごみ捨てなど)
・適度な運動
・仕事
・打合せ、考え事をする
・ときめく事をする
・睡眠時間を削らない(23時までに寝る)
・ゆっくり過ごす
・ぼーっとする
・1人時間を作る
・考え事をしない
・スマホやテレビは極力見ない

エストロゲンの働きをカバーする

・生理、妊娠、出産に関わる
・骨や血管を丈夫にする
・コレステロールの調整
・皮膚や髪の潤いを保つ
・記憶力や集中力を保つ
・気持ちを安定させる
など

東洋医学的には?

エストロゲンの働きは、『腎』や潤いに関わる陰(血・水)』が関係しています。腎を強化することで骨が強くなったり、白髪が減ったり、老化の進行を緩やかにします。また陰が充実すると肌が潤ったり、記憶力やメンタル面もカバーできます。

・足腰を冷やさない
・温活(1年中湯船に浸かる、温灸、温かい飲み物を飲む、温かい食べ物を食べる)
・散歩やストレッチをして足腰の筋肉を強化する
・睡眠時間を確保する
腎について詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧ください
関連記事

寒さに負けない!冬の養生法 ステラデンタルクリニック(広島県)の薬剤師・国際中医臨床薬膳師の豊田暖佳です。あっという間に12月を迎え、クリスマスや年末年始とイベントが盛りだくさんの季節になりました。二十四節気では、12/7~12/21頃が[…]

・質の良い睡眠
・ヨガや瞑想など深い呼吸を意識する
・血を補う赤身肉や魚を食べる
・スマホやPCを使い過ぎず、目をつぶる
・消化力を整えて、食べた物を栄養(気血水)に変えられるようにする

陰活について詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧ください

関連記事

眠れないのにもタイプがあった?!タイプ別解決法 ステラデンタルクリニック(広島県)の薬剤師・国際中医臨床薬膳師の豊田暖佳です。「寝つけない」「夜中に何度も目が覚める」「寝ても疲れがとれていない」など睡眠に関するお悩みを持った方が増えてきて[…]

栄養学的には?

栄養学的には、骨や血管、皮膚、髪などの材料になるパク質やビタミンD、ビタミンK、カルシウムを閉経する前から意識して食べましょう。ビタミンDは、朝日を10分、手の甲に日焼け止めなしで浴びるだけでも生成されます。

 

更年期に自律神経を整えて快適に過ごすことができていると、その後は女性ホルモンに振り回されることなく過ごせるので、60代以降に本当にやりたかったことに挑戦できたり、わくわくした人生を送ることができますよ。
この症状もしかして更年期のせいかな?と思われた方は、是非コメントくださいね。

食良品店FOOD LAB

漢方メディアは株式会社kampo labが運営する、薬剤師や専門家による最新のセルフケア・漢方・薬膳情報サイトです。

同社が運営するFOOD LABは築地にあり、1階が無添加食品のセレクトショップ、2階は薬膳鍋(飲食店)と、食を健康的に楽しめるような店舗です。

漢方メディアでもご紹介する薬膳食材、オーガニック食品のほか、ヴィーガン、グルテンフリーなど多様化する食のスタイルに対応した、セルフケアに最適な商品などを多数取り扱っております。

築地までのご来店が難しい方にはオンラインショップもございますので、漢方メディアでの日々の体のケアと合わせてぜひご利用ください。

お得な情報やクーポン配布中!

LINE公式アカウントでは、漢方や薬膳、健康生活に関する情報のほか、食良品店FOOD LABで利用できるクーポンなどの特典チケットなども獲得できます。
以下のリンクよりぜひお友だち追加をお願いいたします。

LINE公式アカウント

>「漢方」をもっとよく知ろう!

「漢方」をもっとよく知ろう!

2000年以上前の古代中国で生まれた中医学。 それが日本に伝わり、
独自の発展を遂げた日本漢方、韓国においては韓方。
それぞれの国で伝統医学が存在しています。 歴史が長い分、
多くの理論や考え方が派生しています。

CTR IMG