注目キーワード
  1. 梅雨
  2. 食欲不振
  3. 湿

みりん粕を使ってレジスタントプロテインの簡単なおやつはいかがでしょう?

 

みりん粕を使ってレジスタントプロテインの簡単なおやつはいかがでしょう?

 

お菓子を食べて肥満防止!?

みりん粕というものをご存じでしょうか?
スーパーではあまり見かけないかもしれませんが、別名「こぼれ梅」とも言い、みりんを作る過程でできるものです。

白くてポロポロとしており梅の花のように見えることから、こぼれ梅と言われるようになりました。料理への使い方としては、酒粕と同じように使われますが酒粕より甘みがあり、お菓子作りにも向いています。

最近、「難消化性成分」という言葉を耳や目にしたことはありませんか?
小腸において、消化・吸収されにくく食物繊維と同じように整腸効果が期待されているものです。このレジスタントプロテインですが、高野豆腐、大豆、酒粕に含まれていますが、みりん粕にも含まれているのです。

レジスタントプロテインは以下の効果が期待されています。

《レジスタントプロテイン》

・糖の吸収を抑える

・血糖値の上昇を防ぐ

・腸内環境の改善

・コレステロールを下げる

酒粕と同じように使えますので、みりん粕を使用したお漬物や甘酒、魚やお肉を漬け込んでも美味しいですが、甘みがある為お菓子作りに使えばお菓子を食べながらでもコレステロールを下げて糖の吸収を抑えることが出来ます。

みりんは製造過程で焼酎を使用しますので、このみりん粕にもアルコールが含まれています。アルコールを気にされている方は、そのまま召し上がらずに加熱してアルコール成分を飛ばしてからお召し上がりください。

 

レシピ(ノンシュガー・グルテンフリー)

今回はみりん粕を使用したクッキーをご紹介します。

レジスタントプロテインの効果を活かした、ノンシュガー、グルテンフリーのレシピです。少し柔らかい、口に入れるとホロホロとなるクッキーです。

とても簡単なのでお子様とも一緒に作ってみてください。

調理時間:30分

材料

直径3cm大 各12個

きな粉味

みりん粕 70g
米油   20g
きな粉  25g

ドライフルーツ入り

みりん粕      70g
米油        20g
アーモンドプードル 30g
ドライフルーツ   適量

 

作り方

  1. オーブンを170度で予熱
  2. みりん粕70gをボールに入れ、手でほぐす(みりん粕は大きな塊がある為、手で軽くほぐしてください。)
  3. こめ油20gを①に加え、泡だて器でよく混ぜる。みりん粕と油をよくなじませる
  4. ②にきな粉(アーモンドプードル)を加えてヘラを使って混ぜる
    ドライフルーツを混ぜる場合はこの後にドライフルーツを入れて混ぜる
  5. 手で③の生地をひとまとめにする
  6. オーブン皿の上に3cm大にして並べ、170度で10分~12分程度焼いて完成

 

注意

・みりん粕は焦げやすいので、お使いの調理器具によっては手順に記載した温度・時間では焦げてしまう場合もある為、様子を見て調節してください。
・焼き上がりは柔らかいので少し冷めてから網の上に取り出した方が良いです。

 

簡単なレシピを紹介しましたが、こめ油をココナッツオイルや太白ごま油に変えたり、粉を米粉に変えたりアレンジも出来ます。その際はお使いの粉・油の特性によってレシピの分量では生地が纏まりにくいこともありますので、適宜粉を足したり、油を足したりしてみてください。

この記事を書いた人

小河由実

薬剤師・醸しにすと
塩麹や甘酒など発酵食品を自作して日々の料理に積極的に取り入れつつ、発酵食品をより身近に感じてもらえるように、簡単に発酵食品を取り入れられるようなレシピを研究中。 2021年に出産し、子育てをしながら離乳食や食育への発酵食品の取り入れ方も勉強中。

食良品店FOOD LAB

漢方メディアは株式会社kampo labが運営する、薬剤師や専門家による最新のセルフケア・漢方・薬膳情報サイトです。

同社が運営するFOOD LABは築地にあり、1階が無添加食品のセレクトショップ、2階は薬膳鍋(飲食店)と、食を健康的に楽しめるような店舗です。

漢方メディアでもご紹介する薬膳食材、オーガニック食品のほか、ヴィーガン、グルテンフリーなど多様化する食のスタイルに対応した、セルフケアに最適な商品などを多数取り扱っております。

築地までのご来店が難しい方にはオンラインショップもございますので、漢方メディアでの日々の体のケアと合わせてぜひご利用ください。

お得な情報やクーポン配布中!

LINE公式アカウントでは、漢方や薬膳、健康生活に関する情報のほか、食良品店FOOD LABで利用できるクーポンなどの特典チケットなども獲得できます。
以下のリンクよりぜひお友だち追加をお願いいたします。

LINE公式アカウント

>「漢方」をもっとよく知ろう!

「漢方」をもっとよく知ろう!

2000年以上前の古代中国で生まれた中医学。 それが日本に伝わり、
独自の発展を遂げた日本漢方、韓国においては韓方。
それぞれの国で伝統医学が存在しています。 歴史が長い分、
多くの理論や考え方が派生しています。

CTR IMG