注目キーワード
  1. 梅雨
  2. 食欲不振
  3. 湿

むくみ・だるさ・頭痛〜初夏こそおすすめ「よもぎ蒸し」

むくみ・だるさ・頭痛
初夏こそおすすめ「よもぎ蒸し」

香港在住の薬剤師・国際中医師の林 三貴です。
今回は初夏の養生にぜひとも取り入れていただきたい「よもぎ蒸し」について詳しく解説したいと思います。

初夏の養生

立夏を迎え、暦の上では夏がスタートしました。夏は自然界の氣が交わり、この世の全てのものが盛んに成長する季節で、自然界の一部である私達も、陽気を発散させ、のびのびとした気持ちで過ごすことが、健康の秘訣となります。

特に初夏は何をするにも良い季節で、陽気を発散しやすく、快適にのびのびと過ごせる時期かと思います。しかし、天気により寒くなる日もあるので、うっかりして冷えてしまったり、徐々に雨量が多くなり、湿度も高くなるので、ジメジメ、どんよりする日も増えていくので、心地よい良い時期は意外と短いかもしれません。

冷えや湿気は、カラダの6割が水分である私達の新陳代謝に多大な影響を与えるのですが、新陳代謝が悪くなり、体内の水分バランスが崩れると、カラダに不必要な水分が溜まり、むくみやだるさ、頭痛、めまい、胃腸のトラブル、湿疹、神経痛などが症状として出てきます。

これからは、冷たいものを摂る機会も増え、冷房の利用頻度も高まり、夏の不調を招く要因が増えてきますが、早いうちから策を講じていれば、カラダに不必要な水分や冷えが溜まることなく、夏を快適に過ごせます。

次の季節を心地よく過ごすために、初夏の過ごし方や習慣は大切になってきます。

・適度な発汗の機会を作る

・からだを冷やさない など

「からだを温めて新陳代謝を良くする」ことがポイントです。 

夏こそ!よもぎ蒸しのススメ

そこで、初夏の養生法のひとつしておすすめするのが「よもぎ蒸し」です。

よもぎ蒸しは、日本でも浸透した健康法ではありますが、冬場の冷えを改善する養生法のイメージが強いかと思います。しかし、発汗しながらカラダを温める健康法なので、人工的に一番冷え、基礎代謝が下がる「夏」の養生にも効果的で、寧ろ積極的に取り入れて欲しい養生法と言えます。

 

よもぎ蒸しとは?

よもぎ蒸しは、韓国で約600年前に生まれた「汗蒸幕」と言われる発汗健康法です。最近では日本でも、冷え改善、ダイエット、デトックスなどが期待できる健康法としておなじみかと思います。

煎じたよもぎの蒸気を直接、陰部にあてることが、サウナや岩盤浴などのいわゆる”温め健康法”と異なる点で、カラダを外から温めるだけでなく、内側からも温めて血行を促進させることにより、冷えが改善されたり、薬効成分を含んだ蒸気が、吸収率のよい膣の粘膜から吸収されるので、内臓組織や子宮などに浸透しやすく、よもぎの効能が効率よく表れ、新陳代謝もアップすると考えられます。

よもぎの効果・効能

よもぎは、キク科ヨモギ属の多年草の総称です。世界で250種もあり、ざっくりと日本や朝鮮に自生するよもぎと、アフリカに自生するオウシュウヨモギなどに大別されます。

※よもぎはキク科に属するため、キク科アレルギーがある方のご使用には注意が必要です

葉から根まで余す所なく利用でき、数々の効果・効能をもつので、古代のインドやエジプト、西洋諸国の自然療法の分野では、古くから病を止める万能薬として用いられてきました。

フランスでは、俗名「エルプ・ロワイヤル(王の草)」、アイヌでは「地上に最初に生えた草、カムイノヤ(神の草)」と言われ、世界中で親しまれ、重用されてきたハーブと言えます。

よもぎに豊富に含まれる葉緑素のクロロフィルは、血液に含まれるヘモグロビンとよく似た構造を持つため、ヘモグロビン同様の優れた造血作用があり、貧血予防、冷え症改善、生理痛、婦人科系疾患・むくみなどの対策としても期待できます。

また、蓄積したダイオキシン(環境ホルモン)や水銀や鉛などの有害金属、残留農薬や添加物などを取り除き、体外に排出させる血液浄化作用もあります。その他、抗アレルギー作用、発がん抑制作用、脂質異常を改善する働きなどがあると言われています。

同様に豊富に含まれる成分として、β-カロテンとビタミンKがあり、β-カロテンには、免疫機能を維持する作用や粘膜や皮膚を健やかに保ち、喉や肺など呼吸器系を守る働きが、ビタミンKには、血液凝固に関わる成分の合成を促す働きがあるとされています。

よもぎの香り成分に含まれるシオネール、βカリオフィレンには、アロマ効果があり、リラックス作用、自律神経やホルモンバランスを整え、不眠やイライラ、不安感の鎮静が期待でき、またストレス解消、口臭防止、防腐作用、新陳代謝促進効果もあります。

その他の成分として、ビタミンやミネラル、フラボノイド等が含まれ、効果・効能の高さが伺えます。

漢方薬としてのよもぎ

漢方薬の構成生薬として使われる場合は「艾葉(がいよう)」と呼ばれ、艾には「疾(やまい)を艾する(止める)」という意味があることからも、中国では俗名『医草』と呼ばれています。

下腹部を中心に温めて 、エネルギ ーである氣や血液の巡りを調え内臓機能を高めるので、冷え性の改善や止血作用、月経調整作用、 鎮痛作用、安産作用のある生薬として使用されています。

民間療法でお灸に使われる「もぐさ」の原料もよもぎです。

よもぎのお灸は、古代中国の北方地方から伝わり、日本では約600年前から使用されているのですが、香港の薬店でも「艾草」と書かれたお灸をよく見かけます。

万葉集で「蓬」と詠まれ、昔から厄を祓う意味でも重用されていた「よもぎ」は、「食べて良し、付けて良し、嗅いで良し」の三拍子揃った薬草です。

今夏はよもぎの恩恵にあずかり「よもぎ蒸し」で健康増進をはかるのも良いのではないでしょうか?

 

この記事を書いた人

林三貴

薬剤師、国際中医師
おうち漢方@香港を主催
薬学部卒業後、製薬会社、調剤専門薬局を経て、現代医学にない漢方の世界観、自然哲学に魅せられ漢方専門薬局へ。2008年国際中医師免許を取得する。 主に婦人科系疾患を担当し、女性の悩みに耳を傾け症状改善を手がける。 2012年香港に移住。現地で漢方カウンセリング、漢方レッスンを開講する。 漢方養生茶、よもぎ蒸し、経絡トリートメントを取り入れた漢方カウンセリングでは、現代医学、現代栄養学の見解も併せ、養生法を提案。現地日本人の健康サポートを行う。 オンラインでのカウンセリングも実施しており、香港のみならず日本の方にも、本場香港からの漢方の智慧をお届けできればと思っている。

食良品店FOOD LAB

漢方メディアは株式会社kampo labが運営する、薬剤師や専門家による最新のセルフケア・漢方・薬膳情報サイトです。

同社が運営するFOOD LABは築地にあり、1階が無添加食品のセレクトショップ、2階は薬膳鍋(飲食店)と、食を健康的に楽しめるような店舗です。

漢方メディアでもご紹介する薬膳食材、オーガニック食品のほか、ヴィーガン、グルテンフリーなど多様化する食のスタイルに対応した、セルフケアに最適な商品などを多数取り扱っております。

築地までのご来店が難しい方にはオンラインショップもございますので、漢方メディアでの日々の体のケアと合わせてぜひご利用ください。

お得な情報やクーポン配布中!

LINE公式アカウントでは、漢方や薬膳、健康生活に関する情報のほか、食良品店FOOD LABで利用できるクーポンなどの特典チケットなども獲得できます。
以下のリンクよりぜひお友だち追加をお願いいたします。

LINE公式アカウント

>「漢方」をもっとよく知ろう!

「漢方」をもっとよく知ろう!

2000年以上前の古代中国で生まれた中医学。 それが日本に伝わり、
独自の発展を遂げた日本漢方、韓国においては韓方。
それぞれの国で伝統医学が存在しています。 歴史が長い分、
多くの理論や考え方が派生しています。

CTR IMG