注目キーワード
  1. ダイエット
  2. 自律神経
  3. 薬膳

ジメジメの季節の胃腸を整える!粟ぜんざい

ジメジメの季節の胃腸を整える!粟ぜんざい

皆さん、こんにちは。食育アドバイザーで、プラントベース子育てをしている、櫻井麻友です。
今回は、ジメジメの季節におすすめのレシピを、紹介したいと思います。

梅雨の季節の辛い不調

ジメジメした季節がやってきますね。
梅雨の季節がとっても苦手!という方多いのではないでしょうか。

頭痛身体が重だるくなったり、むくみが出たりめまいが起きたり、色々な不調が出てくる人もいると思います。
その中でも、『胃腸の調子』が悪くなる人、結構多いみたいです。

東洋医学でも、梅雨の季節は『湿』がたまりやすく、水の巡りが悪くなりやすいのですが、その中でも、胃腸などは『脾』と言って、『湿邪』に侵されやすい器官なのです。
『水』が滞ると、胃もたれや食欲不振など、胃腸の不調が出てきてしまいますね。

そこで、今回おすすめの食材は『粟』です。
『粟』は、イネ科の穀物で、昔から食べられている食材です。縄文時代から食べられていた、最古の穀物とも言われているのですよ。

五味 甘・鹹
五性 涼
帰経 脾・肺・腎

粟は、薬膳でも胃腸の働きを良くし、消化吸収や胃が重い時にもおすすめの食材です。
漢方薬でも、粟は健胃作用として使われているのですよ。気も補ってくれますので、梅雨の季節のだるい時にもいいですね。

そんな粟は栄養素も、たくさん含まれています。

○鉄分
○ビタミンE
○ビタミンB1
○パントテン酸
○食物繊維
○マグネシウムなど
なんといっても、粟はビタミンとミネラルが、とても豊富なのです。
さらに、食物繊維も豊富ですので、腸内環境にも良く、美容に良いと注目されている理由が分かりますね。
ビタミンB1は、疲労回復に良い成分ですし、ビタミンEは強い抗酸化作用があります。
また、パントテン酸は、ストレスを和らげてくれる効果もあります。鉄分も多く含んでいるので、お子様や女性はもちろん、妊娠中や貧血がある方にも、とてもおすすめです。

粟ぜんざい

今回は、食欲がなくてもサラッと食べやすい、粟ぜんざいにしました。

トロトロで、デザートにもおすすめです。ヘルシーですので、ダイエット中のおやつにもいいですね。
また、もちろんお子様の健康にも、いい成分ばかりですので、是非一緒に食べてください。

そして、一緒に入れる小豆は、薬膳で水の巡りと、血の巡りにいい食材と言われています。ですので、梅雨時期の不調には、とてもおすすめですね。

五味 甘・酸
五性 平
帰経 心・脾

レシピ

材料

粟 40g
水 140g

餡子 お好きな量(今回はオーサワジャパンのつぶしあんを使用)
 ※今回は手軽に出来合いの餡子を使いましたが、もちろん小豆から煮てもOK!

作り方

1.粟は洗い、一晩水につけておく。
2.鍋に水を切った粟と、水を入れて弱火で炊く。
3.トロトロになったら、火を止める。(とろみはお好みで、水を加減してOK)
4.器に粟を入れ、餡子をお好みの量入れたら完成!

 

今回使用したつぶしあんは、添加物も使用しておらず、アガベシロップを使っているのでおすすめです。市販のものを買う際は、気を付けましょう!とっても簡単ですので、ジメジメした日のデザートやおやつに、是非お試しください!

 

食良品店FOOD LAB

漢方メディアは株式会社kampo labが運営する、薬剤師や専門家による最新のセルフケア・漢方・薬膳情報サイトです。

同社が運営するFOOD LABは築地にあり、1階が無添加食品のセレクトショップ、2階は薬膳鍋(飲食店)と、食を健康的に楽しめるような店舗です。

漢方メディアでもご紹介する薬膳食材、オーガニック食品のほか、ヴィーガン、グルテンフリーなど多様化する食のスタイルに対応した、セルフケアに最適な商品などを多数取り扱っております。

築地までのご来店が難しい方にはオンラインショップもございますので、漢方メディアでの日々の体のケアと合わせてぜひご利用ください。

お得な情報やクーポン配布中!

LINE公式アカウントでは、漢方や薬膳、健康生活に関する情報のほか、食良品店FOOD LABで利用できるクーポンなどの特典チケットなども獲得できます。
以下のリンクよりぜひお友だち追加をお願いいたします。

LINE公式アカウント

>「漢方」をもっとよく知ろう!

「漢方」をもっとよく知ろう!

2000年以上前の古代中国で生まれた中医学。 それが日本に伝わり、
独自の発展を遂げた日本漢方、韓国においては韓方。
それぞれの国で伝統医学が存在しています。 歴史が長い分、
多くの理論や考え方が派生しています。

CTR IMG