注目キーワード
  1. ダイエット
  2. 自律神経
  3. 薬膳

冬至にも!簡単!ねぎかぼちゃ

冬至にも!簡単!ねぎかぼちゃ
みなさん、こんにちは。食育アドバイザーで、プラントベース子育てをしている、櫻井麻友です。
今回は、12月の冬至にもおすすめの簡単かぼちゃレシピを紹介します。

冬至には運が付くこの野菜!

日暮れは早くなり、朝日が昇るのは遅く、なかな早く起きることも億劫な季節になりましたね。

今年の冬至は、12月の22日です。冬至は、1年で最も日照時間が短い日なので、夜が最も長く、昼が最も短い日とも言えますね。漢方でも、冬至が『陰』の気が最もピークになる日であり、また、冬至から『陽』の気がはじまるとも言われています。

そんな冬至には、柚子湯に入ったり、かぼちゃを食べる!という習慣がありますね。昔は、『陰』の気がピークということは、『死』に近い日とも思われていたのです。ですから、病気にかからないように厄を払う為に、このような習慣が出来たのですね。

そこで今回は、冬至にも食べられる『かぼちゃ』の簡単レシピを紹介します。縁起が良いかぼちゃは、運が付くと言われていますが、漢方的にも今の季節にかぼちゃは、とても身体に良い食べ物なのですよ。

五味 甘
五性 温
帰経 脾

かぼちゃは薬膳で、エネルギーを補い、水の巡りを良くする食材です。身体を温め、体力を付けてくれると言われています。疲れている時や、食欲不振にも効果的です。

そして、かぼちゃは栄養価も豊富です。

◯β-カロテン
◯ビタミンC
◯ビタミンK
◯食物繊維
◯カリウムなど

免疫力アップに良さそうな、栄養素ばかりですね。なんといっても『抗酸化作用』のトップ3、ビタミンA・C・Eが揃っています。抗酸化作用があるということは、身体にある活性酸素を除去してくれるので、免疫力の低下を抑えてくれるのです。冬場は、ウイルス風邪がとても流行りますので、このような栄養素はとても大切ですね。

そして、かぼちゃの鮮やかな色は、β-カロテンの色ですね。鮮やかな色の緑黄色野菜には、β-カロテンが含まれますが、かぼちゃやにんじんは代表的な野菜で、とても多く含まれているのです。そんなβ-カロテンは、体内でビタミンAに変換され、先程の抗酸化作用の他に、粘膜や皮膚を健康にしたり、風邪予防にもおすすめなのです。さらに、食物繊維も豊富ですので、同時に腸内環境を整えることで、免疫力アップに繋がりますね。かぼちゃは、免疫力アップには欠かせない野菜ですね。

簡単!ねぎかぼちゃ

今回は、火も使わずあっという間に出来てしまう、時短レシピです。ネギがピリッときいているので、今回は少し大人なレシピですので、お子様が一緒に食べる場合は、ネギがかかっていないところを取っておくと良いですね。

そして一緒に使う食材の『長ねぎ』は、ちょうど今の季節が旬で、栄養もたっぷりですよ。

五味 辛
五性 温
帰経 肝・肺
長ねぎは薬膳で、エネルギーと血の巡りを良くする食材です。かぼちゃと同じく身体を温め、風邪の初期症状や下痢にも効果的です。冬の季節には、とても良い食材ですね。
さらに、今回は菜種油を使用しました。油は血を補い、むくみや便秘に効果的です。適度な油を摂ることは、とても大切なのです。ですが、遺伝子組み換えの油なども多いですので、なるべく表示を確認し良質な油を使うことをおすすめします。

レシピ

材料

かぼちゃ お好みの量(今回は小さいかぼちゃ1/4)
ねぎ 1本
油 適量
醤油 適量

作り方

1.ねぎは半分の小口切りにし、ねぎが漬かるまで油を入れておく。

2.かぼちゃは薄めに切り、レンジで約5分チンする。(柔らかくなればOK)
3.かぼちゃを並べ、ねぎ油にお好みの量の醤油を入れて、かぼちゃにかければ完成!

まとめ

いかがでしたでしょうか?火も使わずにとても簡単に、美味しいおかずが出来てしまいましたね。冬至には、かぼちゃと小豆で煮るかぼちゃのいとこ煮が定番ですが、たまにはこのような違うレシピも良いですね。かぼちゃの栄養をたくさん摂り、寒い季節を乗り切りましょう!

また、ねぎ油も作っておくと、蒸し野菜やお肉料理など、かけるだけで一味変わるのでとても便利ですよ。寒く冷えやすい冬の季節は、かぼちゃやねぎなどの身体を温める野菜をたくさん摂り、養生してお過ごしくださいね。かぼちゃのねぎ油レシピも是非お試しください!

食良品店FOOD LAB

漢方メディアは株式会社kampo labが運営する、薬剤師や専門家による最新のセルフケア・漢方・薬膳情報サイトです。

同社が運営するFOOD LABは築地にあり、1階が無添加食品のセレクトショップ、2階は薬膳鍋(飲食店)と、食を健康的に楽しめるような店舗です。

漢方メディアでもご紹介する薬膳食材、オーガニック食品のほか、ヴィーガン、グルテンフリーなど多様化する食のスタイルに対応した、セルフケアに最適な商品などを多数取り扱っております。

築地までのご来店が難しい方にはオンラインショップもございますので、漢方メディアでの日々の体のケアと合わせてぜひご利用ください。

お得な情報やクーポン配布中!

LINE公式アカウントでは、漢方や薬膳、健康生活に関する情報のほか、食良品店FOOD LABで利用できるクーポンなどの特典チケットなども獲得できます。
以下のリンクよりぜひお友だち追加をお願いいたします。

LINE公式アカウント

>「漢方」をもっとよく知ろう!

「漢方」をもっとよく知ろう!

2000年以上前の古代中国で生まれた中医学。 それが日本に伝わり、
独自の発展を遂げた日本漢方、韓国においては韓方。
それぞれの国で伝統医学が存在しています。 歴史が長い分、
多くの理論や考え方が派生しています。

CTR IMG