注目キーワード
  1. ダイエット
  2. 自律神経
  3. 薬膳

疲労回復に!じゃがいも餅

疲労回復に!じゃがいも餅
こんにちは。食育アドバイザーで、プラントベース子育てをしている、櫻井麻友です。
今回は、春にぴったり!お子様も大好きなメニューを紹介します。

疲れ知らずなじゃがいも?

新学期・新年度を迎え、少し環境にも落ち着く頃、気持ちも身体も疲れやすいですよね。

幼稚園や保育園に入りたてですと、すぐに風邪をもらってきてしまったり。
ママも子供から風邪をうつされてしまうこともありますよね。

そこで、今回は疲労回復におすすめのメニューを紹介します。

疲労回復におすすめの食材は『じゃがいも』です。

五味 甘
五性 平
帰経 脾・肺

普段からよく使う!という方は多いと思います。
今は新じゃがの美味しい季節ですので、とてもおすすめの食材ですね。

じゃがいもは薬膳で、気を補う食材と言われています。疲労回復にもいいことが分かりますね。
また、水分代謝に良いのでむくみの改善や、胃の痛みにもおすすめです。

そして、もちろん栄養もたっぷりです。

◯ビタミンC
◯カリウム
◯食物繊維
◯鉄分
◯パントテン酸(ビタミンB)など

なんと言ってもビタミンCがとても豊富です。
みかんと同じくらいとも言われているのです。

更に、新じゃがいもは、一般的なじゃがいもよりも、ビタミンCがより多く含まれているのです。

ビタミンCは抗酸化作用がありますので、疲労回復にはとても効果的で、更に風邪予防や美容にもおすすめですね。

そして、カリウムは、食べすぎると冷えやすいものですが、むくみにもおすすめですし、高血圧の方にも良い成分です。

パントテン酸はエネルギーの生産に欠かせないビタミンであり、疲れにはもちろんイライラにもいい成分ですので、今の季節にもとてもおすすめですね。

じゃがいも餅

じゃがいもは、他の食材と違いでんぷんに包まれている為、加熱してもビタミンCが失われにくいのが特徴です。
ですので、料理で火を通してもビタミンCがたっぷり摂れるのです。

そこで今回は、お子様も大好きな『じゃがいも餅』です。
おかずやちょっとしたおやつにも、お弁当にもおすすめのレシピです。

何を入れても美味しく出来るのですが、今回はお子様も大好きなチーズと、コクや食べ応えにを油揚げを入れました。
毎回ですが、チーズはお豆腐チーズを使用しています。

もちろん何も入れずに作っても美味しいです。私も朝のお弁当の際はササっと簡単に、じゃがいものみで作ることもあります。

レシピ

材料

じゃがいも 3個程度(今回は小さいじゃがいもだったので5個使用)
豆腐チーズ 50g
油揚げ 1/3枚
醤油 小さじ1
アガベシロップ 少々(砂糖などお好みの甘味料でOK)

作り方

1.じゃがいもを蒸かす。
2.火が通ったら、マッシュする。
3.他の材料と全部混ぜ合わせる。
4.形を整えて、両面焼く。
5.盛り付けて完成!

 

混ぜて焼くだけの簡単レシピです!アレンジも出来ますし、お弁当にも重宝するので、是非お試しください!

 

食良品店FOOD LAB

漢方メディアは株式会社kampo labが運営する、薬剤師や専門家による最新のセルフケア・漢方・薬膳情報サイトです。

同社が運営するFOOD LABは築地にあり、1階が無添加食品のセレクトショップ、2階は薬膳鍋(飲食店)と、食を健康的に楽しめるような店舗です。

漢方メディアでもご紹介する薬膳食材、オーガニック食品のほか、ヴィーガン、グルテンフリーなど多様化する食のスタイルに対応した、セルフケアに最適な商品などを多数取り扱っております。

築地までのご来店が難しい方にはオンラインショップもございますので、漢方メディアでの日々の体のケアと合わせてぜひご利用ください。

お得な情報やクーポン配布中!

LINE公式アカウントでは、漢方や薬膳、健康生活に関する情報のほか、食良品店FOOD LABで利用できるクーポンなどの特典チケットなども獲得できます。
以下のリンクよりぜひお友だち追加をお願いいたします。

LINE公式アカウント

>「漢方」をもっとよく知ろう!

「漢方」をもっとよく知ろう!

2000年以上前の古代中国で生まれた中医学。 それが日本に伝わり、
独自の発展を遂げた日本漢方、韓国においては韓方。
それぞれの国で伝統医学が存在しています。 歴史が長い分、
多くの理論や考え方が派生しています。

CTR IMG